シミ隠しに効果的なファンデーションの選び方

ファンデーションでシミをうまく隠すためにはやはりカバー力が問われます。できるだけシミをうまくカバーできる製品を選んでいくわけですが、その際にはカバー力だけに意識を向けるのではなく肌との相性がよく無理なく使い続けられるかどうかも意識したうえで慎重に選んでいくことも大事です。

肌質によって選ぶファンデは変わる

シミ隠しに効果的なファンデーション

ファンデーション選びの難しい点はカバー力が優れているほど肌への負担が多い点です。これはファンデーションそのものの負担だけでなく、クレンジングで落とすときの負担も含まれます。

 

カバー力に優れているということは肌にしっかく密着することを意味しており、落ちにくいだけでなくクレンジングで「落としにくい」面もあります。いくらシミ隠しに優れていてもクレンジングで落とすたびに肌がヒリヒリしてしまうようなファンデーションは適していないのです。

 

この点は肌質によって選び方も変わってくるので難しい部分です。

 

肌への刺激があまり気にならない人はカバー力を最優先にして選んでも問題ありませんし、刺激に敏感になっている人は日常生活の中で無理なく使い続けられることを前提に選ぶ必要があります。

カバー力を重視するならリキッドファンデ

シミ隠しに効果的なファンデーション

ただシミの悩みを抱えている方は基本的に刺激に敏感な状態になっているのまでやはり両方のバランスへの意識は欠かせないでしょう。

 

カバー力を重視するならリキッドファンデーションがもっとも適しています。密着性が高くシミ・シワを目立たなくさせるカバー力に優れています。

 

ただ先ほど触れたクレンジングの際の負担が大きなネックになっており、乾燥肌・敏感肌の方にはあまり適していません。

 

もうひとつカバー力に優れているタイプではクリームファンデーションもあります。こちらは厚みのあるテクスチャでしっとりとした使用感があるのが特徴です。こちらの方が乾燥肌・敏感肌の方には使いやすいのでカバー力を重視する方は検討してみましょう。

 

シミ隠しの点では別のアプローチからファンデーションを選ぶこともできます。美容成分が配合されている製品を選ぶ方法です。

 

美白成分が配合されているファンデーションならカバーするだけでなくシミそのものの予防・改善も行っていくことができますし、保湿成分が配合されているタイプならシミの原因となるバリア機能の低下を改善するだけでなく化粧崩れを起こしにくいメリットも得られます。

 

シミをがんばって隠そうとするとどうしても厚塗りになってしまい不自然な印象になってしまうだけでなくクレンジングの負担も大きくなるのでこうしたアプローチもシミ対策のよい選択肢となるはずです。

  • シミを隠すことだけではなく、自分の肌質に合ったファンデーション選びをすること
  • シミを隠すならリキッドかクリームファンデーションがおすすめ

シミを上手に隠すファンデーションとメイクの上手な使い方

メイクでシミを目立たなくさせるためには上手に隠す必要があります。いくらカバー力に優れたファンデーションを使ってもシミの部分を厚塗りしてしまうと不自然な仕上がりになってしまうのでよいメイクとはいえません。あくまで自然に、しかもできるだけ肌に負担をかけないよう意識しながら使っていく必要があるのです。

シミにはやや暗めのファンデをチョイス

シミを上手に隠すファンデーションとメイクの上手な使い方

上手に隠す最初の第一歩は化粧下地です。ファンデーションだけでカバーしようとは考えずにまず化粧下地で下準備をしっかり整えておきましょう

 

ファンデーションの密着度を高めることでカバー力をアップさせることができますし、化粧下地そのもののカバー力と組み合わせることで厚塗りを避けながら隠していくことができます。

 

また化粧下地のなかにはカラーコントロールの効果を備えた製品もあります。シミだけでなくくすみの悩みを抱えている方は少々明るめの製品を選ぶことでより自然に仕上げやすくなるので意識してましょう。

 

ただし、薄いメイクを心がけている人が明るい化粧下地を選ぶと不自然になってしまう面もあるので注意しましょう。

 

ファンデーションのカラー選びもなかなか難しい部分で、明るい色のカラーを選んでしまうと多めに塗付したシミの部分が浮き上がったように見えてしまう恐れが出てきます。

 

ファンデーションのカラーに関しては化粧下地とは逆にやや濃い目のカラーを選んで全体のバランスをとるのが基本です。この点がなかなか難しく、シミ隠しを意識すればするほど仕上がりの色合いが不自然になってしまう問題を抱えがちです。

シミにはコンシーラーも活用

シミを上手に隠すファンデーションとメイクの上手な使い方

シミを上手に隠すためにはひとつのアイテムにばかり頼らないのも大事な点です。ファンデだけで隠そうとすると厚塗りになってしまうように、複数のアイテムのよさを引き出しながら過剰なメイクを避ける必要があるのです。

 

その際に欠かせない役割を担うのがコンシーラーです。ファンデーションは全体にムラなく使いつつ、シミが気になる部分はコンシーラーも併用してうまく整えていく、この段階を踏んだケアで効果と効率の両方を高めることができるでしょう。

 

コンシーラーを使う際にはシミの部分よりもやや広めに塗付したうえでできるだけ境界線がはっきりしないよううまくぼかすよう心がけましょう。

 

この化粧下地、ファンデ、コンシーラーの使いこなしがシミ隠しの最大のポイントです。それでもまだ気になるという方はパウダーで仕上げましょう

 

軽くパウダーを乗せることで全体を軽くナチュラルに仕上げることもできるので入念なメイクでシミ対策をした人にもオススメです。

  • ファンデーションを塗る前に化粧下地で肌を整えておくこと
  • シミを隠すには化粧下地よりもやや暗めのファンデーションを選ぶこと
  • ファンデーションだけではなくコンシーラーでシミをピンポイントカバー